nature

バランスの取れたカラダとココロのためのブログ

香り ⑥

3つのドーシャのバランスを整える香りを表にまとめてみました。

自分の体質やその日の気分や体調、季節に合わせて上手く取り入れてセルフケアに役立てて頂ければ幸いです。

 

ドーシャ

香りの特徴

バランスを整える香りの例

Vata

重さ、安定、温かさ、潤いをもたらすリラックス系の香り

サンダルウッド、ベチバー、ローズマリー、ラベンダー、カモミール 等

Pitta

クールダウンの効果があるミント系、フローラル系、マイルド系の香り

ローズ、ジャスミンスペアミント

カモミールフェンネル 等

Kapha

温かさ、刺激のあるスパイシーな香り、苦味のある香り、元気の出る香り

レモン、オレンジ、サイプレスやジュニパー、ユーカリなど樹木系の香り、シナモン、ブラックペッパー 等

 

香りを始めとする感覚対象は、前提として自分が心地よいと感じるものを選ぶことで避けるべき3つの接触を防ぐことにつながります。ですから、まずは自分が心地よく感じられる香りを選んで試してみてください。

香り ⑤

スリランカには仏教の寺院がたくさんあって、大きな寺院の周りにはお供えするお花を売る店がいくつもあったりします。そのお花は捧げものですから、香りを嗅いではいけません。その香りも全て捧げるためのものだからです。

 

お坊さんがお経をあげる仏教儀式に参加したときもサンダルウッドの香りが用意されていましたし、様々な宗教儀式において香りは重要な役割を果たします。

 

『香食(こうじき)』という言葉をご存知でしょうか?

亡くなった方は香りを食すとか、亡くなった方には香りが最上の食べものであると言われます。そのため、お焼香をしたり、四十九日の間はお線香を絶やさない宗派もあるそうです。

 

香りは揮発性の成分です。放たれた瞬間から、空気中に広がり拡散していきます。お線香やお花として捧げた香りが祈りと共にどこまでも果てしなく広がり、亡くなった方や仏様に届くのかもしれません。

 

地域によってはお盆が来月のところもあります。お線香をあげて手を合わせ、亡き大切な方やご先祖様への気持ちを香りにのせて届けましょう。

香り ④

今までにいくつかトゥルシーティーを試しましたが、トゥルシーティーも時間と共に香りや風味が変化します。人それぞれ好みはあると思いますが、やはり個人的には入れたてが一番香りが良く美味しいと思います。

 

アロマが好きな方はよくご存じのことと思いますが、香水やフレグランスなどの香りを分析してみると、最初に香るトップノート、その次に香るミドルノート、そして最後まで残って香るベースノート(ラストノート)という構造が見えてきます。

 

トップノートはフレグランスの中で一番揮発性が高い成分です。まず真っ先に香るので、そのフレグランスの第一印象を決める香りです。

 

ミドルノートの成分の揮発性は中程度で、トップノートが香った後にやって来る香りで、フレグランスの中心となる香りです。

 

ベースノート(ラストノート)は揮発性の低い成分で、そのフレグランスの土台となり最後まで長く香ります。

 

これらの香りを組み合わせて香水やフレグランスが作られていて、それを行うのがパフューマ―(調香師)です。

 

揮発性の高い芳香成分から時間と共に揮発してしまうので、輸入されたpukka tulsi clarity の香りは深く重厚で上品な香りが多く残っているのでしょう。

それに対し山形のトゥルシーティーは国産で輸送にかかる時間が少ないこと、厚手のビニールにパウチされていたことなどから、より多くの芳香成分が多く残っているのだと推察しています。

【ティータイム】pukka tulsi clarity(トゥルシークラリティー)

これまでに何度かご紹介しているpukka(パッカ)のハーブティーですが、tulsi clarity(トゥルシークラリティー)は3種類のトゥルシーをブレンドしたお茶です。

f:id:nature_yoga_ayurveda:20210608083150j:plain

 

f:id:nature_yoga_ayurveda:20210608083217j:plain

 

f:id:nature_yoga_ayurveda:20210608083306j:plain

 

f:id:nature_yoga_ayurveda:20210608083332j:plain

 

“トゥルシーティーを頂く=香りを頂く”と言ってよいほど、トゥルシーのお茶は香りが魅力です。このお茶の香りは深みがあり重厚で、複雑ながらとても上品です。

 

実はトゥルシーの葉を摘むのは早朝、日が昇る前が良いとされます。日が昇り気温が上がってから摘むとトゥルシーの葉に含まれる揮発性の有効成分が飛んでしまうからです。

 

植物の香りは揮発性の成分で、それが空気にのって運ばれて虫や私たちに届きます。揮発性が高いほど空気に溶け込んで広がってしまうので、真っ先に鼻に飛び込んでくるようなトゥルシー特有のスッとしたパンチのある香りはこのお茶には残念ながらあまり残っていないように感じますが、それでも十分にステキな香りが楽しめます。

 

【ティータイム】トゥルシーティー

5月に蒔いたオレンジ鉢のトゥルシーの種はこの茶葉から採集しました。

f:id:nature_yoga_ayurveda:20210608203500j:plain

 

f:id:nature_yoga_ayurveda:20210608203526j:plain

このお茶を頂くときは毎回ティーバッグを作るときに種を採集。

f:id:nature_yoga_ayurveda:20210608203713j:plain

 

このトゥルシーティー山形県のハーブガーデンのもので、とてもフルーティーでアップルミントのような甘く爽やかなで濃厚な香りがします。このお茶をタンブラーに入れて持ち歩くと、その香りがタンブラーに移ってしまうくらい香りが濃いのです。何度か洗って乾かした後もタンブラーからうっすらと香ってくるのには驚きます。

 

生の葉でトゥルシーウォーターを作ったらとても爽やかで美味しそうなので、成長し収穫できる日を心待ちにしています🎵

f:id:nature_yoga_ayurveda:20210609083600j:plain

 

 

【トゥルシー観察日記 2021】その③

3月に種を蒔いたトゥルシー(洗剤袋再利用のエコ鉢)と5月に入ってから種を蒔いたトゥルシー(オレンジ鉢)はこんな感じになりました。

f:id:nature_yoga_ayurveda:20210607065709j:plain

エコ鉢のトゥルシーは大分大きくなり早くも花芽をつけました。トゥルシーウォーターなどに使っています。

 

f:id:nature_yoga_ayurveda:20210607065734j:plain

オレンジ鉢のトゥルシーも本葉が出て大分大きくなってきました。かなり密なので大きな鉢に植え替えようか検討中です。

 

 

この2つはどうも違う種類のようです。

f:id:nature_yoga_ayurveda:20210607070046j:plain

エコ鉢のトゥルシーの双葉は三角っぽい形。

f:id:nature_yoga_ayurveda:20210607070223j:plain

オレンジ鉢のトゥルシーの双葉は丸っこい半円状。

 

面白いことに、この2つのトゥルシーは香りが全く違います。一言で言い表すなら、エコ鉢はスパイシー、オレンジ鉢はフルーティーな香りです。

2種類のトゥルシーが楽しめるようになるのが待ち遠しい今日この頃です。

 

香り ③

以前色とドーシャの関係について触れましたが、”同じ性質で増え反対の性質で減る”というドーシャの特性を利用し、香りでドーシャにアプローチすることも可能です。

 

動、乾、冷、軽、速、不規則、粗、微細、清澄 といった性質を持つVataをバランスするには、反対の性質、つまり濃厚で重めの香りや温かみがあり精神的安定をもたらすようなrelax系の香りが良いとされます。例えばベチバーはイネ科の植物の根から抽出される香りです。根は地中にあり水分を吸い上げる部位ですから、重さや潤いでVataの軽さ、乾燥のバランスを取ることができるわけです。緊張を緩和しリラックス効果の高いラベンダーや温性を持つローズマリーも良いでしょう。

 

熱、鋭、軽、流動、液体、少し油、悪臭 といった性質を持つPittaをバランスするには、クールダウンの効果があり、マイルドで優しいフローラル系の香りなどが良いとされます。クールな香りの代表選手と言えば、ミント系の香りです。個人的にもこれからの季節の必需品です。フローラル系の香りの代表格、ローズにもクールダウンの効果があり、暑いときにローズウォーターで肌のクールダウン&潤い補給をするのもオススメです。ジャスミンもクールダウンの効果がありますから、ジャスミンティーの香りを楽しみながら体をクールダウンするのも良いですね。

 

安定、結合、冷、湿、油、重、遅、固着、粘 といった性質を持つKaphaをバランスするには、スッキリ爽やかな軽いトーンの香りや温かみがありスパイシーで刺激的な香りが良いとされます。爽やかで元気の出るレモンの香りや気分を前向きにしてくれるビターオレンジ(ビター=苦味はKaphaのバランスに良い)などの柑橘系の香り、スパイスとして味わってもKaphaのバランスを取ってくれるブラックペッパーやジンジャー、シナモンの香りも効果的です。