nature

バランスの取れたカラダとココロのためのブログ

【トゥルシー観察日記 2020】その④+太陽礼拝チャレンジ2020

先日、トゥルシーの種を採集しました。

f:id:nature_yoga_ayurveda:20201210110609j:plain

 

f:id:nature_yoga_ayurveda:20201210110647j:plain

一番左側:大きかった枝を一本に切り分けたもの。

左から二番目:かさを上から見たものと下から見たもの。

左から三番目:1つの実とそこに入っていた種。

一番右側:しその実。トゥルシーはシソ科なので実の形がよく似ています。


トゥルシーの種は小さく、その作業は細かく地道です。爪でちょっとはじいたりすると飛んで行ってしまうので、結構集中します。

 

瞑想とは一つの物事に意識をつなぎ留めること。作業に没頭している間は余計なことは考えず、まさに瞑想をしているのだと感じます。

 

トゥルシーの種は、1つの実の中に通常4粒入っています。この実が通常6つ集まって1つのかさになっています。下の根っこに近い方のかさは成熟した黒い種が多く、上の方は場合によっては成熟しきらずに茶色いままのこともあるようです。去年採集した種のうち、茶色い種もいくつか蒔いてみましたが、やはり発芽はしませんでした。

 

f:id:nature_yoga_ayurveda:20201210193952j:plain

トゥルシーティーを飲みながら種を採集。単純作業が好きな私は割と楽しい作業です。

 

トゥルシーは気温が15℃以上で発芽するので、採れた種はこのまま大切に保管して、来年は種を蒔くところからその様子をお伝えできればと思っています。

 

f:id:nature_yoga_ayurveda:20201210194542j:plain

種を採った後の実や枝もとても良い香りがします。

トゥルシーティーの出がらしと一緒にお風呂へ。



 

ー 太陽礼拝チャレンジ2020 ー

早いもので今年も間もなく終わります。年末が近づくとあちこちで『108回太陽礼拝』が開催されます。中にはお寺で行う趣向を凝らしたものもあるようです。

今年、私は108回を一度に行うのではなく、8回×1日+10回×10日=108回 の11日に分けて行おうと考えています。逆算して12月21日から開始する計画です。体力に自信がないけど挑戦してみたい、自分のペースで行いたいという方、一緒に挑戦してみませんか?