nature

バランスの取れたカラダとココロのためのブログ

香り ④

今までにいくつかトゥルシーティーを試しましたが、トゥルシーティーも時間と共に香りや風味が変化します。人それぞれ好みはあると思いますが、やはり個人的には入れたてが一番香りが良く美味しいと思います。

 

アロマが好きな方はよくご存じのことと思いますが、香水やフレグランスなどの香りを分析してみると、最初に香るトップノート、その次に香るミドルノート、そして最後まで残って香るベースノート(ラストノート)という構造が見えてきます。

 

トップノートはフレグランスの中で一番揮発性が高い成分です。まず真っ先に香るので、そのフレグランスの第一印象を決める香りです。

 

ミドルノートの成分の揮発性は中程度で、トップノートが香った後にやって来る香りで、フレグランスの中心となる香りです。

 

ベースノート(ラストノート)は揮発性の低い成分で、そのフレグランスの土台となり最後まで長く香ります。

 

これらの香りを組み合わせて香水やフレグランスが作られていて、それを行うのがパフューマ―(調香師)です。

 

揮発性の高い芳香成分から時間と共に揮発してしまうので、輸入されたpukka tulsi clarity の香りは深く重厚で上品な香りが多く残っているのでしょう。

それに対し山形のトゥルシーティーは国産で輸送にかかる時間が少ないこと、厚手のビニールにパウチされていたことなどから、より多くの芳香成分が多く残っていてフレッシュで濃厚な香りが楽しめるのだと推察しています。